進化したカーディガン「mamoru」のどこに私達は惹かれるんだろう?

NEWカーディガン「mamoru」のどこに惹かれるんだろう?-ワークショップ的座談会

編集/プロモーションスタッフ yuki



2016年、カーディガンの常識を覆す「mamoru」が誕生しました。
今までになかったタイプのカーディガンだけに、実際に使って頂いている女性たちの私たちメーカー 側が気付かなかった部分まで迫った座談会となりました。

常識を覆すカーディガン「mamoru」の魅力とは


開発メーカーである弊社「RAKUKO」 代表 大森彩が、何人もお子さんがいるお母さんだったり、バリバリ働くキャリアウーマンだったり…。様々な立場の女性達と「mamoru」について自由にトークする女子会的雰囲気に。

女性カメラマンまでが、会話の途中に割り込んでくるほど盛り上がった「mamoru」ネタ 笑。

多くの女性達にとって、「冷え」から体を守るための身近な必需品「カーディガン」。
それだけにはまらない新カーディガン「mamoru」の魅力をアレコレ深堀り!

座談会の内容を絡ませながら「mamoru」の魅力を伝えたいと思います。
それではどうぞ、お楽しみください♪


知りたい!カーディガン「mamoru」ってどんなもの?


カーディガンは基本的には「冷え」から体を守るために愛され続けてきたファッションアイテムです。
そこで、まずはメーカー代表の大森から、「mamoru」ってどんなもの?
からお話が始まりました。

私達が知る「カーディガン」に見えない「カーディガン」が女性に嬉しい理由


RAKUKO代表 大森/
弊社がもっともこだわったのは「着心地」感。
そして、今までになかった全く違う「形」から「着心地」の能力を最大限に引き出す為にこだわったのは「縫製なし」で全て「編むこと」での実現化でした。そしてそこが特許も取得に至った理由です。


私達、女性に嬉しいポイントをまとめると…

【01】冷房や気温の変化などから肩、背中、腰、二の腕などの守ってくれる冷え対策
【02】二の腕、お腹回りやお尻をちょうど隠してくれる安心感
【03】縫い目なしで「編む」ことから得られる「動きやすさ」
【04】その「形」全ての伸縮性から得られる「包まれてる感」
【05】綿100%の糸と編み方からの「肌触り」
【06】ブランケット、ポンチョ、マフラー等にも変化し、場面で使える機能性
【07】端が「クル」っとなってもデザインにとけ込む自然なフォルム
【08】コンパクトになり、簡単に持ち運べる気軽さ
【09】「made in japan だからこそ得られるコト」への信頼感
【10】洗濯機で洗える女性に嬉しい使い勝手の良さ

自由に考えられる「余白」も常識を覆した「カーディガン」の魅力?

メーカーとしてこのアイテムをどう解釈して、どう使っていただくか?ということを考えて修正を加えながらここまで開発をしてきました。

ですが、今回の座談会で「使い方」を決めるのは「ユーザーの皆さんもいるんだ。」という部分をリアルに感じました。

それはすなわち、常識の枠から外れて誕生したばかりのカーディガン「mamoru」だけに“成長の余白” があるのだろうと。ここからがスタートで「ユーザーの皆さんと共に」ということなのかもしれません。

4人の子育て真っ最中の主婦Tさん/
(大人にいいだけではなく)こどもが寒いときに上からかぶせて…ポンチョとかワンピースみたいな感じで。
これなら抱っこしてる時も足元まで隠れそうな感じがする。

さすが、4人もの子育て真っ最中のお話です。
ご本人にとってより先に子育ての中での使い方が出てきてました。

なるほど、子育て中の方にはこんな風に使って、中でお子さんを抱っこできますね。

ビジネスウーマンNさん/
この幅があるじゃないですか。だから、運転の時に日よけとして。
そしたら足元の日も避けられる。
いつも1枚持っていたら、冷え対策だけではなくて日よけなんかにもいろいろ使えますよね。
運転するときって、結構手だけ焼けちゃうから。

営業されていて車で走り回っている方ならではのお話です。
確かに、オフィス内では冷房の冷え対策に、車で移動するときは日除けにって使い方、気づきませんでした。

女性カメラマンOさん/
ちょっと私も発言していいですか?
お年寄りは、腕の可動域がほとんどない方がいるんです。祖母の介護を私がしていて…ちょっと寒い時に羽織るモノを着せようとすると腕を通すのが大変です。

袖の付け根が大きいと通しやすいなと思ってたんです。「mamoru」は開口部が大きいうえに素材が伸びるので欲しかったなーと思って。おじいちゃんおばあちゃんが汚した時も(綿でできてて)洗いやすそうですし。
za10
正直、これは目からウロコ的な発言でした。袖がないような、あるような「mamoru」が介護の現場でもお役に立てるのではないかと。

RAKUKO代表 大森/
うちの旦那に試しに渡したら、結構な頻度で着てるんですよ。
綿で伸びるから体にフィットするのが素材の良さなんですけど、ガタイがいいからかなりパツパツ。それでも伸びるから大丈夫。笑

代表のリアルプライベートなお話ですが、ワンサイズでも「伸縮性が素晴らしい」という事です。

常識を覆した「カーディガン」といっても一番大事なのはやはり「心地よさ」

肌触りが良くてチクチクしない。痒くなったりもしないし。手に取って使ってみたら良さがわかりますよね。

私たちが目指したのは……
●タンスの中からついつい選んでしまういつもの靴下、下着
●積んである下の方にあるのに、ついつい選んでしまういつものタオル
…そんな存在です。皆さんにも、そんなアイテムありますよね?

「普通」に良い糸で、良い編み方で、いつも求めたくなる心地よさ

独自の「デザイン」と「技術」に「普段の着心地の良さ」を追求してこだわって作りました。この共感の輪を広げていけたらと思っています。
【私たちは女性の嬉しいのためにカーディガンの常識を根底から覆したい】と考えています。

カーディガン【cardigan】
毛糸編みまたはニットで作る,襟のない前あきの上着。 [ 大辞林 第三版 【三省堂発行】 より抜粋 ]


デザイン優秀賞受賞メーカーRAKUKOは、あなたが予想もしなかったカーディガンで「普段の心地よさ」をお届けします。

いつもそばにあるものだからこそ、「mamoru」の「心地よさ」をあなたに気に入って頂けると思います。それだけ手をかけました。

常識を覆したカーディガン「mamoru」商品購入ページはコチラ(Yahoo shopへ/会員様はTポイントのご利用・獲得ができます>>>

ページ上部へ戻る