ブログ

出産のための入院で、持っていると便利なカーディガンはコレ!

okaasan

 出産準備の入院中に必要なモノって何だろう?

 見落としがちな準備物って何かな?

 

出産の入院準備中のあなたは、こんな風に考えていませんか?

 

なるべく準備万端で出産を迎えたい!

そんな方に必要なのは、ずばりカーディガンです!

 

そして、必ず病院へと持っていって欲しいのが、今回ご紹介するカーディガン「mamoru」なんです。

 

10good

 

カーディガン「mamoru」が1枚あれば…

 夜の病院が思った以上に寒くても凍えなくて済む!

 病院から支給されたパジャマが薄くてもサッと羽織れば隠せる!

 妊娠中・入院中だけではなく産後も使える!

 

見落としがちな、入院中のちょっと不便なことを感じずに済むんです!

 

 

出産入院準備のリストを作っている方。これだけは持って行きたいのがカーディガン「mamoru」ですよ

10good

既に出産を経験した人が、入院中に病院に【持っていって良かったもの】として良く挙げるのが「カーディガン」。

カーディガンは妊婦さんにとってマストアイテムで、更にカーディガン「mamoru」ならもっと便利なこと間違いなしなんです。

 

出産の入院準備中の妊婦さんに、カーディガン「mamoru」をオススメする3つの理由

 急な気温の変化に対応できる。

 サッと羽織って外出できる。

 産後も日常使いできる。

 

①急な気温の変化に対応できる。

mune

病院は夜、急に冷え込むことも多いんです。その為、脱ぎ着出来るカーディガンは体温調節の必需品!

そんなとき、ボタンがなくて脱ぎ着しやすいのはとっても助かります。

 

②サッと羽織って外出できる。

tutumareteru

病院の中を移動したり、面会に来た人にあったり…入院中も、人に会う機会が意外とあります。

そして、病院から支給されたパジャマが薄くて透ける…?!ということも結構あるのだとか(!)

そんなとき、サッと羽織ってパッと隠して、さくっと外に出られるのは、ストレスがなくて快適です。

 

腕を通す穴が広いのがポイントです。

腕を通す穴が広いのが着やすさの理由です!

 

③産後も日常使いできる。

mamoru-story02-08

いくら安くても、出産のためだけにモノを買うのはもったいなく感じますよね。

カーディガン「mamoru」なら、流行関係なく服に合わせやすいですし、生地もシッカリしているから長く着られますよ。

 

そして実は…授乳用ケープとしても使えるんです!!

腕を通す穴に頭を通して使います。

腕を通す穴に頭を通して使います。もう1つの袖から空気が入るから、赤ちゃんが息苦しくないんです。

 

便利ですよね!

 

実際に使った人の感想ってどんな感じ?

zadankai-logo02-02.ai_

座談会で実際にカーディガン「mamoru」を使用した感想を聞いてみました!

女性に嬉しいポイントをまとめると…

【01】冷房や気温の変化などから肩、背中、腰、二の腕などの守ってくれる冷え対策
【02】二の腕、お腹回りやお尻をちょうど隠してくれる安心感
【03】縫い目なしで「編む」ことから得られる「動きやすさ」
【04】その「形」全ての伸縮性から得られる「包まれてる感」
【05】綿100%の糸と編み方からの「肌触り」
【06】ブランケット、ポンチョ、マフラー等にも変化し、場面で使える機能性
【07】端が「クル」っとなってもデザインにとけ込む自然なフォルム
【08】コンパクトになり、簡単に持ち運べる気軽さ
【09】「made in japan だからこそ得られるコト」への信頼感
【10】洗濯機で洗える女性に嬉しい使い勝手の良さ

入院中はもちろん、女性に嬉しいポイントが満載なんですよ♪

■女性にとっての使いやすさの秘密。更に詳しくはコチラ>>>

 

出産で入院準備中の妊婦さん!カーディガン「mamoru」は必ず持ち物に入れてください!

クルクル丸めてコンパクトにカバンに入れられます♪

クルクル丸めてコンパクトにカバンに入れられます♪

 

 出産準備の入院中に必要なモノって何だろう?

 見落としがちな準備物って何かな?

こんな風に考えられているかたは、まずカーディガン「mamoru」を持ち物リストに入れましょう!

その使いやすさで、入院中に大活躍してくれるはずですよ♪

 

出産入院中の持ち物に便利!カーディガン「mamoru」の商品詳細・ご購入はコチラから

1line_gray-001
■カーディガン「mamoru」詳細・ご購入ページへジャンプ(YAHOO!SHOPPINGページ)>>>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る