ブログ

さあ、覚悟を決めて、ワクワクしようじゃないですか(Mの制作体験記)

でも、いつも大森さんの答えは即答で、決まっていました。

 

「やりましょう!ワクワクしましょう!」

 

モノ作りをしている人の裏側を色々見てきた私は知ってしまっているんです。

その言葉を出すのが、本当はどれだけ難しいかってことを。

 

「この人は本気なんだ。」

 

そして、私たちも覚悟がいる。

そう思いました。


【さあ、覚悟を決めて、ワクワクしようじゃないですか(Mの制作体験記-1)】

g07
革新的なカーディガン「mamoruがついに発売されました。

新発売企画は、「1枚買ったらもう1枚ついてくる!」何とも太っ腹なもの。
newsale02.ai
■新発売企画!「1枚買ったらもう1枚ついてくる!」ご覧くださいましたか?7月22日(金)まで予約受付中です。誠心誠意、心を込めて今回は限定で、100名様へ発送させていただきます。(※終了しました。)>>>>

 

大森さんの懐の深さに脱帽です。この機会にぜひぜひ1枚。…あ、いや、2枚。笑

 

自分の作ったもの、関わってきたものを買っていただくことって、なんて嬉しいんだろう。
それが自信を持って「買って使ってみて!良いものだよ!」って言えるなら、なおさら。

 

私、「良いものだよ!だから買って使ってみて!ね!ね!」って、胸を張って言えます。だって、毎日自分で着てますから。
あ、私は、「mamoru」の制作を一緒にしてきたチームメンバーです。仮にMと呼んでください。

 

どこがいいと思うのかなどは、後々また語りたいと思います。ですので、今後のこのブログの更新も、要チェックお願いします!笑


【あなたは考えたことはありますか?モノがどんな過程で作られているのか】

カーディガン「mamoru」の工場
さて。この3ヶ月間、「mamoru」の誕生を一緒に作ってきました。
まあまあ…モノが生まれる現場っていうのは、大変です。

 

みなさん、考えたことってありますか?
今持っているモノたち、どんな過程を経て自分の手に届いてるんだろーって。

 

私は、ここしばらくで初めて知ったんです。

「人」「時間」「アイディア」「素材」「生産技術」「熱意」「販売ルート」「売り手」「買い手」
そして「お金」…など。

 

とにかく色んなものが複雑に絡んでくるんだってこと。

上記のことを聞いただけでも、しんどい。
モノを作って売るって、超超大変です。

 

それらを全て1人で始めて、新商品の販売までたどり着くって…すごいと思いませんか?
そんなこんなの「大変」を経て、発売されたのが今回の「mamoru」なんです。

 

それをしてしまったのが、「楽子(らくこ)」の大森彩(おおもりあや)さん。

oomori02
熱い情熱と愛情を持ってモノ作りをする、北九州在住の、3児の男の子のお母さんです。

 

赤ちゃん用の抱っこ紐「Mugyu mugyu」から始まって

dakkohimo

授乳用ケープ「守~七変化~」を制作。

junyuuke-pu

そしてその授乳用ケープの使い方を変化させて、女性のためのカーディガンにしたのが、今回の「mamoru」。

g20

赤ちゃん用授乳ケープから、女性のためのカーディガンに?なぜ?
その制作過程や制作途中の熱い気持ちなどは、大森さんによって描かれた「mamoru」制作秘話のこちらのお話で語られることと思います。


【作る人には、乗り越えないといけないことがたくさん】

hondasan
傍で一緒に制作をしていて思います。モノ作りは楽しいことばかりじゃないって。
もちろん、皆さんが商品を使って喜んでくれる顔や、たくさんの人に「mamoru」が愛されて「買ってよかったよ!」って言ってもらえるって、制作チームはみんな、思ってます。

 

だけど時々、不意打ちで襲ってくるのは、恐らく、ワクワクを追い越すくらいの「恐怖」。

 

「自分達の作っているものは、本当に世の中の人にとって役に立つのだろうか?」

「本当に結果が出るのだろうか?」

「使った人に値段の分だけ、いやそれ以上に喜んでもらえるだろうか?」

 

何度問いかけても誰も応えてくれなければ、すぐに結果が出るものでもありません。
それは、これまでモノ作りをしてきた大森さんが一番わかっているはずなんです。

 

人には感情の波があって、上がっている日もあれば、下がっている日ももちろんあります。
波が下がっている日、叫び出したいほど恐くても、もしかしたら誰も助けてくれないかもしれない。

そんな日でも、笑顔でいないといけない状況に立たされているかもしれない。

oomori03

実際に大森さんは、3人の息子さんのお母さんで、ご両親の娘さんで、旦那さんのお嫁さんという立場でもあるわけで。
家族を大切にすることと並行して、(それは本当に難しいことで…)モノ作りも100%どころか、120%全力疾走。

 

傍にいて見ていても、厳しい状況に立たされているに違いありませんでした。


【本気でワクワクしよう】

seisakukatei
そんな中でもあえて、私たちは何度も確認しあって、たくさんたくさん話し合いました。言葉にしなくても伝わっていたことも、きっとあるはずです。

 

だって私たちも同じくらいマジだから。真剣だから。たくさんの人に使ってほしいから。知ってほしいから。「買ってよかったよ!たくさん使うよ!みんなにも教えるね!」って笑顔で言って欲しいから。

 

「大変ですよ?」

「これまでと違う方向になったとしても、大丈夫ですか?」

「こんな感じの方向でも大丈夫ですか?」

 

でも、いつも大森さんの答えは即答で、決まっていました。

 

「やりましょう!ワクワクしましょう!」

 

モノ作りをしている人の裏側を色々見てきた私は知ってしまっているんです。

その言葉を出すのが、本当はどれだけ難しいかってことを。

 

「この人は本気なんだ。」

 

そして、私たちも覚悟がいる。

そう思いました。


【「mamoru」はここからがスタート】

そんなこんなで、「mamoru」は誕生しました。

g02
(そんなこんなの制作過程のお話は、大森さんの書いてくださっているお話で、また詳しく。ぜひご覧ください。)

 

でもまだ、産まれたばかりです。

 

「色んな人が買ってくれるかな?」

「使って、喜んでくれるかな?」

「買ってよかったよって、言ってくれるかな?」

 

そんなドキドキとワクワクが、これからは続きます。
モノ作りは、ここからが本番。

 

と、いうことで。これを読んでくださった皆さん、(長々とお付き合いありがとうございました…!嬉しいです。次回も応援よろしくお願いします。ちゃっかり。笑)

mamoru」をどうぞよろしくお願いいたします。

color
どうぞ買って、使ってください。愛用してもらえるはず。

 

ああ、ワクワク、ドキドキするなあ。あああ。
しつこいようですが、「mamoru」をどうぞよろしくお願いいたします…!
newsale02.ai
■新発売企画!「1枚買ったらもう1枚ついてくる!」ご覧くださいましたか?7月22日(金)まで予約受付中です。誠心誠意、心を込めて今回は限定で、100名様へ発送させていただきます。(※終了しました。)>>>>

 

(プロモーション担当 アジアン・マーケット/スタッフMより)


【購入検討中の方は要チェック!mamoruじゃないと、ダメ!な理由がたくさん。手放せなくなる着ごこち、機能性って…!?知りたくなりますよね。】

■女性の「普通に嬉しい」をたくさん叶える!新たなカーディガン>>>>

■このカーディガンにしかできないデザインと技術の融合>>>>

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る